看板製作日記 《福島発》
福島市の看板屋 《 エイブリー 》 が大型インクジェットプリンターを使った看板・幕・ステッカー製作風景をご紹介します。 ここに紹介している以上にお仕事してますが、下請け仕事は基本的に載せていません。

■ ブログ検索

■ プロフィール

とおちか@エイブリー

Author:とおちか@エイブリー

HPちょっとだけ改修しました

★お問合せ、ご質問等は下のメールフォームからお願いします★

■ 最近のコメント

■ 最新の記事

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ カテゴリ

看板 (819)
マグネット (10)
カーマーキング・名入れ (48)
ステッカー・カッティング (30)
ポスター (22)
パネル (8)
ホワイトボード (3)
各種幕 (21)
のぼり旗 (2)
日記 (8)
その他小物 (5)

■ 最近のトラックバック

■ 過去ログ

■ メールフォーム

お名前:
アドレス:
件名:
本文:

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ RSSフィード

■ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
寒いっすねぇ
財布も寒いのですが、季節はもう冬です。

先日の酒田も雪でしたが、地元の吾妻山も真っ白です。

相変わらず忙しいです。
見積もりが遅れっぱなしだったりします。(ーー;)
今日も仕事。
明日も打合せ。
月曜日なんか日中お手伝い仕事してから、夜間作業のお手伝い仕事。

寝る時間もなくなってきたぞぉ・・・。(T_T)

こんなに忙しいのに、儲けが少ないのはナゼ?

スポンサーサイト
掲示板
大都会のとある会社さんから突然のお電話。
予算決め打ちのお仕事でしたが、「気持ちよく」お請けさせていただきました。
9日に取付けしてきます。
P1020708_R.jpg
これを機会に、ずーーーっとお付き合いをお願いいたします。。。



7日8日はちょっと手すきで、9日10日はお手伝いの予定が入っています。

ありがとうございまーす・・・。


車屋さん イベントポスター
これまたいつものお仕事です。
P1020705_R.jpg

下の仕事とは別のお店です。
こちらは、印刷屋さんがつくったチラシのレイアウトをそのまま使います。

がっ・・・

ガラスサイズの比率に合わせてレイアウトし直しがあります。
チラシは当然「画像」なので、そのままでは合いませんので、アレコレと加工、編集してレイアウトし直ししますが、これがかなーり大変。
金額の割りに合うかどうかはビミョーですが、ありがたくお仕事させていただいています。

車屋さん イベント看板
いつものお仕事です。
ここ一ヶ月ほど継続で設置中なので、現場で表面だけの貼替えです。
2組4面で50分ほどで完了しました。
P1020701_R.jpg

P1020704_R.jpg
今回は、キャラクターが入っていたので、レイアウト的にはかなり楽で助かりました。

ありがとうございました。

アクリル面板交換
お店が変わるので、看板を改修します。
といってもアクリル面板の交換だけです。
サイズはW2440×H1600。
5ミリのキャスト板にインクジェット出力貼りです。
このほかに、小さい行灯ひとつと、営業中プレートを取り付けしました。

P1020386_R.jpg
相変わらず狭いので、作っている最中の取り回しは大変なのです。。。

ありがとうございました。

文化祭看板
もう10月のお仕事だったですけど。。。

某大学の文化祭の看板のお仕事です。
毎年やらさせていただいていますが、今年は倍以上のボリュームがありました。
作るのも大変でしたが、ご覧のように積み込みも大変。
P1020320_R.jpg

前から見てもぎゅうぎゅう。
P1020322_R_20111106215116.jpg

前日の取り付けは、カミさんに手伝ってもらって丸一日。
翌日、文化祭終了後の撤収は約2時間。

お疲れ様でしたー。

P1020342_R.jpg
こんな感じね。

ありがとうございました。

また来年も期待。

恐い、怖い、さびしい、悲しい
1日は、お手伝いで原町に行ってきました。
いつものもう一人と高所作業車に乗って。
渡利から飯野に入るころに結構強い雨が降ったりしましたが、現地は天気もよく気持ちよ~く仕事できました。
元請さんに教えてもらいながら、自分としては初めての「看板清掃」です。
思っていた以上にきれいになり、びっくりしてしまいました。(*^。^*)



川俣から原町には、県道12号線で一本道です。
途中、飯舘村があります。
行くときは日中。
「あー、やっぱり誰もいないねぇ。なんだかさびしいねぇ。」なんて通過したのですが。

帰り道はもう日が暮れて、まっくら。

まっくら?



気がついたら、飯舘は街灯こそポツポツと点いているけど、電灯の点いている家は一軒もなく、ずっと真っ暗でした。
来るときにやっていた自動車修理工場だけが、まだ灯りが点いていて誰か仕事しているみたいでしたが、それ以外はスーパーも、郵便局も、一軒の民家にも人の姿も灯りもありませんでした。

よほど草刈りもしたのでしょうが、田んぼも畑も何も作っておらず、地面のまま。
民家にはクルマが置いてあるところが多いのですが、誰かいるわけじゃなく避難先に持っていけなかったのでしょう。
この飯舘も、時間にしたら数分で通過しただけ。
その数分間で、現代の地獄を見たような気がした。

政府や東電、あげくに県は避難地区解除とか無責任なことをやろうとしているけど、

みんなが戻れる日は本当にやってくるのか。



仕事が忙しくてプラス思考になっていた自分だけど、なんだか・・・。


copyright 2005-2010 看板製作日記 《福島発》 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。